• トップ /
  • インプラントに挑戦してみよう

インプラントは注意点も理解する

歯が根元からなくなってしまった場合、入れ歯やブリッジをかけるという方法で歯を補うことができます。しかし、入れ歯になれば両隣の歯に金具をひっかけることになったり、ブリッジでは被せものをするために健康であった両隣の歯を小さく削られてしまうことにもなってしまいます。インプラントであれば、他の歯に影響を与えないので安心であり、これ以上歯を失う可能性もなくなります。インプラントは、前歯に使用しても違和感がないというメリットも持っているのですが、注意点も理解して受ける必要があります。人工歯なので虫歯になることはありませんが、歯周病にかかってしまえば人工歯根がぐらついてしまうことになり、また歯がなくなることにもなります。人工歯根が定着をして人工歯を被せたら終了ではなく、今後も食後の歯磨きなど口腔内のケアをしっかりとしていくという注意点を持っています。自分だけのケアで安心せずに、定期的に歯科クリニックに通ってメンテナンスを受けることも必要です。他にも、インプラントの注意点として、誰でも受けることができないという点があります。歯茎や骨の状態によっても受けることができないケースもあるので、信頼のできる医師と相談しながら進めてもらえれば安心です。

↑PAGE TOP